育毛と発毛の違いについて

育毛と発毛の違いについて

育毛と発毛の違いについて、ご紹介します。

 

その違いは文字通り、育毛が今生えている髪の毛の成長を促進し、脱毛を予防するということであるのに対し、発毛は脱毛後に、新しい髪の毛を生えさせるということです。
つまり、育毛と発毛は、髪や頭皮に与える作用が異なるというわけです。

 

しかし、両者ともに、ヘアサイクルを正常化させ、髪が自分の力で育っていけるように、サポートするという点においては、共通しています。

 

前述しましたように、今ある髪の毛をしっかりと育てていくことが育毛であり、そのために使用するのが育毛剤となります。
脱毛を予防して、フケやかゆみを抑え、丈夫な髪の毛を育てることになります。

 

結果、頭皮環境が整えられますので、薄毛部分から、新しい髪の毛が生えるということも期待することができます。

 

一方、さまざまな原因によって、脱毛状態になった髪の毛を、新しく生えさせるために使用するのが発毛剤であり、毛髪の司令塔となる毛母細胞に働きかけて、ヘアサイクルで休止期となっている毛根から、再び髪の毛を生えさせる効果を期待することができます。

 

ちなみに、スカルプケア剤などのヘアケア商品を使用する際には、ご自分の髪の毛や頭皮、体質に合ったものを選ぶことが大切です。身体に直接働きかけるものだからです。

 

 

⇒ 売れてる育毛剤はコレ!男の育毛剤ランキングはこちら