薄毛で悩んでるあなたへ!男の育毛剤ランキング

発毛剤と育毛剤の違いについて

発毛剤と育毛剤の違いについて、ご紹介します。

 

まず、発毛剤は、薬事法で医薬品に指定されたものが多く、毛母細胞に働きかけて、新たに生えてくる毛髪のサポートをするものです。

 

一方の育毛剤は医薬部外品となり、フケやかゆみを抑えながら血行を促進させ、今ある毛髪の成長をサポートするものです。

 

つまり、育毛剤がすでに生えている髪の毛の状態を、維持するものであるのに対して、発毛剤は新しい髪の毛を発毛させるために、毛母細胞の活性化や細胞分裂の促進が期待できる成分が、配合されたものだということです。

 

育毛剤に関しては、男性用と女性用とでは、有効成分の濃度が異なっています。
女性用の場合には、女性のデリケートな頭皮に刺激を与えすぎないように、男性用に比べて、有効成分の濃度が、低めに設定されている商品が多いというのが特徴です。
また、発毛剤に関しては、医師から処方される医療用医薬品と、薬剤師がいる薬局などで購入することができる、第一類・第二類・第三類医薬品が存在しています。
医薬品は、効果・効能が高いとされている分、副作用のリスクを伴っています。

 

ちなみに、発毛剤や育毛剤は、薬事法によって区別されているわけではありません。有効成分や作用秩序によって区別されています。

 

 

⇒ 売れてる育毛剤はコレ!男の育毛剤ランキングはこちら